前へ
次へ

増えているリノベーション済みマンション

新築のマンションというのは全体のほんの一部で、その大半が中古マンションになります。
海外に比べて日本国内では中古マンションの需要があまり高くありません。
そこで、不動産業者は入居者を獲得するための方策として、リノベーションを実施しているのです。
築年数が30年を超えると、どうしても間取りや設備が古めかしくなり、それが欠点となって利用者獲得につながらないということもしばしばあります。
そこで、間取りを思い切って変えてみたり、お風呂場やキッチンに新しい設備を導入するなど入居者獲得に余念がないのです。
特に、キッチンは今や対面式が当たり前なので、対面式のキッチンを導入するだけでも入居希望者の反応が異なってきます。
不動産会社はあえて中古のマンションを購入し、それにリノベーションで手を加えた上で、新たに売り出すという新たな取組を実施しています。
中古マンションを立て直すよりも、リノベーションをしたほうが予算を安く押さえられます。

Page Top