前へ
次へ

費用もそれなりにかかるリノベーション

タダ同然で安い物件を取得したり、20年以上も住み続けて住宅ローンも完済していれば話は別ですが、リノベーションは「新築」マンション・戸建てと比べると、こだわればこだわるだけ費用面で大差が生まれます。
物件購入価格に加えて施工費用が必要です。
取得するには、融資を受ける時のように総額の資金計画を行います。
お金の面では新築を取得するのがおすすめできますが、リノベーション済みの賃貸物件も年々増加傾向にあり、スケルトンで全てを刷新、賃貸経営者の多くが人気エリアの不動産をオーダーメイドでリノベーションしているほど、流行りをみせているのも事実です。
壁を取っ払った広々としたリビングは開放感あるエリアであったり、眺望がウリの施工事例です。
継ぎ目のないガラス窓からの景観、四季折々に楽しめるリノベーションで叶います。
また、機能性などを加味することも、コストカットも可能です。
古くとも既存の水回り設備が使えるならそのままにできます。
継ぎ目のないガラス窓、窓枠にコスト高となるなら、採光・採風などの機能で補うこともできます。

Page Top